3年生。


先日は、学力調査も無事終わった4期生が練習に復帰し、久しぶりの上級生vs下級生の紅白試合が行われました。
下級生にとっては、上級生チームはどうにも超えられない存在。でもここしばらく勉強に勤しんでいたというハンデ(?)があるのですから、今日こそは!と、思ったかも、しれません。
しかし蓋を開けてみれば上級生の快勝!!!笑顔が弾けていました。やはり彼らにとっては、野球こそ至福の時間というところでしょうか。

中3の受験生にとっての一つ目の峠を越え、高校という目標がまた一歩近づいて来ました。硬式野球クラブチームのひとりとして野球を頑張るのはもちろん、中学生としての本分である学校生活を充実させることはとても大切です。クラブも中学校との連絡を積極的に取りながら、選手一人ひとりを支える体制をとっています。
「なりたい自分」、「かなえたい夢」に向かって、ガンバレ!!!